FC2ブログ

グレッチさん

久々の大物です。
そして難物でもあります。
非常に具合の悪い状態であります。

gP1060326.jpg

gP1060321.jpg

バインディングの大幅な剥落、ネックの起き上がり、激しいヤニ汚れなどの重病を抱えております。
当店と縁の深いあるお客様からこの状態でお預かりしました。
普通なら修理屋である当店が自信を持って修理・調整して万全の状態で売りに出したいのですが、色々の事情によりこの状態での販売となりました。
ですので勿論超特価です。(\125,000税別)
ダブルミュート付きグレッチカントリージェントルマンのビンテージ(1966年製)オリジナルハードケース付。
自分のギターくらい自分で直しますという自作派のあなた、ホビーとしてコツコツ直してみるなんてのはいかがでしょう?

その他の中古商品も含めた紹介ページもありますので、是非ご覧下さい!

色々な物 その3

「シェフの賄い飯」の新たなネタが入荷しました。
70年代のGuyatoneのストラト。

P1060180.jpg

どうですか?この見事なレリックぶり。

P1060179.jpg

塗装のクラックは勿論自然に入ったものでしてわざと加工したんじゃないですよ。
入荷した時点ではアッセンブリも付いておりましたので音出ししましたが、見事に枯れた素晴らしい鳴りでした。
ブリッジとP.Uアッセンブリを交換していつか再生させる予定です。

色々な物 その2

これはなんでしょう?

P1060192.jpg

答えは「アルミ製サドル/アースラグ付き」
ノイズを少しでも減らしたいのでサドルを金属製にしてアース用端子を付けました。
で、これを付けたギターがコレ

P1060195.jpg

モーリスの古いアコ W-18を改造してピックアップ付けちゃいました。
弦高も低くネックも握り易いので弾き易いです。
ピックアップはフェンダー/USAのTexas Spl Teleのフロント。
フォークなんだけど「四畳半」じゃない感じ。
60年代後半〜70年代前半はアコにマグネティックP.U付けた海外ミュージシャンが多かったですよね。
そういうフラワーチルドレンな感じもいいなと思って。

P1060196.jpg

ボディの肩の所にボリュームがあります。

P1060197.jpg

価格はソフトケース(新品)付きで ¥35,000 (税込み¥37,800)
弦高も低くて弾き易いですよ。
同様の改造も承ります。
お好みのP.Uを取り付けて¥16,000(税別/P.U代別/持ち込み歓迎/アルミサドル製作費除く)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
年末年始のスケジュールについてお知らせします。
年内は28(日)まで
年始は1/5(月)から通常通り営業開始します(1/6火曜日はお休みさせていただきます)



本日早仕舞いいたします

突然で恐縮ですが本日は19時にて閉店させていただきます。
いやちょっと…床屋に行きたいだけなんで、申し訳ないんですが。
床屋の定休日とウチの定休日が同じ火曜日だもんでなかなか行かれない、仕事の間隙を縫ってサクッと行かないとだめなんです。
もちろん行くのはいつもの「美容室リッチーブラックモア」です。
他に気の合うところがないので仕方ない。
もっとも、最近は行っても音楽の話はあまりしないでもっぱらマスターの愚痴を一方的に聞かされるだけなんですが。。。


下の画像はウチの店の近所の米屋さんののぼり。

yakiniku@summit

「じゃんご米」気になりますね。
「じゃんごらいんはると」も食べたんでしょうか?
わかりません。
私がじゃんごさんについて知ってることは、

○火傷で左手の指が不自由だった。
○にも関わらずギターが超絶上手かった。
○麻雀が強かった

というところでしょうか。
最後のは怪しいですけどね。

成田屋さん

銀座の工具店。
松屋の右横の道を入ってちょっと行った左辺りにあった小さい薄暗いお店。
こないが久しぶりに行ってみたらお店が見当たらない。
帰ってからネットで調べたらどうやら閉店してしまったようです。
残念。
というか、困る。
インチの工具とかトリマーの刃とかの話がツーカーでわかる・すぐ買える・すぐ注文できるという貴重なお店だったのです。
店主のおじさんがすごい人で、工具名がわからなくても「こういう事する時に使うこんな形の」と説明すると「これでしょ?」と即答。
物凄い知識だし調べるのも早い。
普通の金物屋やホムセンではこうは行かない。
東○ハ○ズも大したことはない。
なので非常に重宝していたんですが…。

「成田屋ビル」自体はあるので、店主のおじさんが引退したということなのだろうか?
「伊東屋」もオサレ雑貨屋化して来てるし困ったな…。


P1050174.jpg

先の日記で書いた「ビリヤニ」とはこんな食い物です。
カレーを自作してるうちに辿り着いたインド料理。
インドというより正確にはイスラムの料理らしい。
写真は私の自作ラムビリヤニ。
最近はビリヤニがメニューにあるインド料理店もじわじわ増えているようです。
ウチの近場では葛西の「和印道」にある。
店名は漢字だが店員さんは皆インド人(パキスタンかも)。
すっごく旨いので是非食べてみてください。
プロフィール

道具屋

Author:道具屋
千葉県船橋市でギターリペアショップGUITAR LABを経営してます。
営業時間:2016/10/1より13時~19時、月火定休。
予約制ですTel 047-436-4744

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR