FC2ブログ

コンデンサーの話

コンデンサーの善し悪しってあると思いますか?
昔はないと思っていた。
今は
あると思って…いる?
うーむ、あると言えばある。
ないと言えばない。
そのくらい微妙。
「ある」の範囲の定義が難しい。

定められた機能を果たさないようなコンデンサーはそもそも「悪い」コンデンサーではなくて単に「壊れた」コンデンサーです。
大抵のコンデンサーは充分に機能を果たしているので実は単独では「違い」はわからない。
ピックアップのシングルコイルとハムバッカーだったらさすがに違いはわかるだろうけど、そこまでの差じゃないです。
ところがロータリ−スイッチで瞬時に切り替えできるような仕組みで何人もの人に弾いてもらってチェックすると…
ちょっとわかる、ようになって来るんですよ。

まず「すごくイイ!」のは見つからないけど、少なくとも誰が弾いても印象に残らないヤツが出てくるんですよ。
ほんっとに微妙な差なんですけど。
しかしテストする人が代わっても「色々意見が出るヤツ」と「何のコメントも貰えないヤツ」の2種に別れて来るんです。
不思議でしょう?

今回は最初に画像を出してしまったので何をテストしたかバレてますね。
どれも通常の「機能を果たす」だけの物より高い価格で売られている物です。
(これで商売している人も居ますから今回どれを選んだかは書きませんよ)
そこで次にどうしたかというと…


今日はここまで。
これだけ書くのも結構しんどい。
つか、こういうのってブログに書くことじゃないですよね。
ネットの事はよく知らないんですけど。
「今日はどこそこへ行きました」とか「今日は○○でラーメン食べた。ニンニク増し増し」とかの軽い話題の方がブログっぽいですね。
でも段々そういう風になっていくかも。
つか、そうなりたい。。。

コンデンサーの目隠しテストはどうなったかというと…。
大変興味深い結果が出ました。
しかしこれをまとめるのは結構めんどくさいんです。
色々予想外のことがありまして単純に「コレが一番だたよー!」とは書けないというか長くなりますので、もう少し待ってください。
選んだコンデンサの名前だけ先に種明かしすると J.E.Fast の 0.033f の物です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、今日は嬉しいことがあったのでそっちを。
Douguブランドのオリジナルベースの第一号が完成しました(下の画像)
どうでしょう?
ベースユーザーの方がオリジナル商品とかには反応がいいんですよね。
でも昔某ヤマハで聞いたけどギターを買う人とベース買う人の割合は20:1くらいだそうだから、あまり反響はないのかな?
これを見たギタリストの方はぜひお友達のベーシストに教えてください。
スペックをざっと書くと
*メイプル/ハカランダ ネック(ロングスケール/21f)
*ライトアッシュボディ
*Fender/USA 70sJB P.U×2



dougu-bass

謹賀新年 2014

明けましておめでとうございます。
みなさん三が日は如何お過ごしだったでしょうか?
私は娘(大学1年)と元旦に谷根千散歩したくらいで、あとは何もないボーっとした正月だったかな。
まあお互いに今年も一年頑張って良い年にいたしましょう。

さて、今年はいつもより早く明日4日(土)より営業開始いたします。
つきましては新春記念セールとしましてはずれなし限定25名様までのスピードクジ抽選会を行います(珍し〜)
¥1.050以上の金額の修理ご依頼あるいは商品お買い上げの方に、1名様につき1回三角クジを引いていただきます。
景品は
1等:ギブソンショルダーバッグ(割合大きい、エフェクトボード入るかも)
2等:フェンダーシャツ(サイズMって書いてあるけど日本人的には多分Lですね)
3等:Kiffeのバンダナ(ブランド品です)
4等:ふなっしーのトイレットロール「ふなっしー巻き」(なしの香り付きですぞ)
5等:Elixirオリジナルデザイン マイクロファイバークロス 
   または 同じくElixir本革ピックケース
   または 同じくElixir CD/DVDディスクカバー「M-Pad」
   または フェンダーミニストラップ(何用なのかちょっとわかりませんが…)

中央にあるのは急いで作ったクジ入れの箱ですね。
我ながら雑な作りだな。

keihin-1

おっと「ふなっしー巻き」の画像を忘れました。
こちらになります↓
keihin-2

というわけでどんどん来て下さいね!



珍しいギターが修理にやって来ました。

Hohner The Prinz


プリンスのギターとして一躍有名になった奴ですね。
改めて調べてみたら、このモデルは色々バリエーションがあるらしい。
この個体は最初のバージョンじゃなくてプリさんが有名になってか
らのモデルのようですね。

P1050012.jpg


最初のはモリダイラ楽器で70年代中盤に製造され、国内では
H.S.Andersonというブランドで、海外ではHohnerブランドで
発売されました。
H.S.AndersonではMAD CATというモデル名だったです。
MAD CAT発売当初のことは憶えてますが、かっこいいけどちょっと高
くて(8万位?)手が出ないなと思ったですね。
普通のテレのコピー品がグレコでたしか定価4万位だったんじゃな
いですかね。
本物のテレすら満足に見た事ない人が多いような時代に、こんな
ぶっ飛んだルックスのテレを企画した人が居たってことは日本人と
して誇っていいと思いませんか?
音の方はボディもメイプルなんで、ギラッとした芯の強い感じです。
プリさんのギターソロもそんな感じですよね。

で、このギターはちょっと斜めから見たところがカッコイイと思う
んですけど如何でしょう?
P1050013.jpg

オリジナルギター

Dougu BC-1

昨日は嬉しいことがありました。
オリジナルギターの「Dougu BC-1」の注文をいただいたのです。
Sさん有り難うございます。
Sさんは私がヤマハ銀座店で働いていた頃からの古いお客様でして、実は他にも私が作ったギターを1本所有されておられます。
ヤマハに居たのは1985〜88年くらいの事ですから、もうかなり長いお付き合いになりますね。
ずっと忘れずに居ていただけるというのは本当に有り難い事です。

GUITAR LABのH.Pの方にも情報はちょろちょろ出しているので既にご存知の方も居るとは思うんですが「Dougu(道具=ドーグと読んで下さい)」という名前でオリジナルギター/ベースを作って行こうと目論んでいるんです。
というか、本当は「絶賛発売中」なんですけど周知がまったくおろそかなため「誰も知らないんじゃないか?」状態になってますね。
まあ、修理業の忙しさもITに不慣れなのもありますが、そもそも私が担当者なのがいかんと思います。
「GUITAR MAGAZINE」でお馴染みリットー社の担当のSさんにフェイスブックページと言うものを利用したら如何ですか?という事で教わってとりあえず作るだけは作ったんですが、どういじって良いのかわからず塩漬けになってました。(Sさんありがとうございます)
今見ても表紙だけで中身がなんにもないですね。だめだこりゃ。

https://www.facebook.com/DouguGuitars

↑URLをクリックしたら自動的にリンクに飛べるようにしたいんですができなかったみたいですね(汗)

これからは少しずつ手入れして行きますので宜しくお願いします。
とりあえずは先日プロのカメラマンの方に格好良い写真を撮っていただいたので、まずはそれを載せなきゃですね。
上の画像もその時の物です。
そのカメラマンのAさんも実はお客様でして、この方がまたギターが上手くて男前で…ああ、また話が長くなる。
どうも作文は苦手です。
どうまとめて良いのかわからない。
この話はまた別の機会にいたしましょう。



プロフィール

道具屋

Author:道具屋
千葉県船橋市でギターリペアショップGUITAR LABを経営してます。
営業時間:2016/10/1より13時~19時、月火定休。
予約制ですTel 047-436-4744

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR