fc2ブログ

大晦日2023

今年もお世話になりました。
個人的に大変な年でした。
生まれて初めて大病して仕事を休みました。というか病気はまだ継続中ですが
療養生活も多少落ち着いてきたので仕事は再開しましたが、体調的にはいつまでできるかなというところです。

image1.jpeg

image0.jpeg



前回書いたGUYAのストラトは一応完成していまして販売するつもりだったのですが、思った以上に色々発見がありましたので参考資料として保存しておくことにします。前回の画像は今見られないと思いますが、これは私のせいでして画像の保存の仕方がわからない、前は覚えていたんですが、どうもこういうものは苦手です。

グヤのピックアップ、すごくいいです。ブリリアントでクリスピー!それとアルミブロックのトレモロも素晴らしい音です。
他にもまだ60's GUYATONEピックアップを多数持っていますので、使用したギター/ベースを作っていきたいですがどうなるかな~?

(新年は4日から営業いたします)
スポンサーサイト



年末年始スケジュールのお知らせ

遅くなりましたが年末年始の営業予定をお知らせします。

年内営業は 12月29日(金)まで、
年始は    1月 4日(木)から 営業いたします。


image0.jpeg

image1.jpeg



やりかけの仕事とか在庫の中古品やボディ/ネックの整理などしていますが、今進めているのは古いGuyatoneのジャンクのストラト。
大昔にペグとブリッジとアッセンブリがない状態で入手したもので、ご覧の通り塗装はビキビキに割れていますが妙にカッコいい。
ボディ材はいわゆるランバーコア(積層合板)ですね。1975くらいの製造年のようです。
ブリッジサドルのピッチは止めネジ穴のピッチからすると10.0~10.5mmですが、現行の10.5ピッチのトレモロは掘りが狭くて入らない、たまたまアンプ修理のTS-Works高鹿さんからいただいた旧Guyatoneの10.0ピッチのストラト用トレモロがあったので付けてみました。
昔の国産ギターは弦間ピッチが狭いです。このトレモロのイナーシャブロックは珍しくアルミ製です。なのでサスティンはないけどシャリシャリの音がする(と予想します)
ペグの軸間ピッチは逆に広くて現行のクルーソンタイプが付けられませんので6連じゃないロトマチックにしました。なぜ広いかというと多分当時のフェンダーを参考にしたからじゃないでしょうか。70年代のF-KeyはドイツSchaller製なのでそれ以前のKluson製よりピッチが広いです。
ピックガードは作り直しました。
ピックアップは何を載せるかな?弦間ピッチが狭いので普通のフェンダータイプは載せられません。現在の候補はKentArmstrong製Burns TRI-Sonicを3発にするか、、フロントはTRI-Sonicでリアは画像にも写っていますがGuyatoneのSG-22Tというフルアコに載っていた巨大なピックアップを載せてCooder-Casterみたいにするか、考え中です。
*CooderCasterはライ・クーダーさんが使ってる「フロントにテスコGold Foil、リアにナショナル/スプロのラップスティール用ピックアップを付けた改造ストラトのことですが、まぁ見た目のユニークさだけ真似ようかと。多分音は全然似ない(笑)

明日の営業と昔の記録

明日12月7日(木)は都合により16時にて早じまいさせていただきます。悪しからずお願いいたします。

昔の資料を整理していたらアイデアスケッチというか落書きみたいのが出てきました。自分でも忘れていましたが今見ると懐かしいというか微笑ましいというか。'95年ごろの営業ノートに挟まってたものですがいろんな事考えてましたね。

image guitarlab 0001
プロフィール

道具屋

Author:道具屋
千葉県船橋市でギターリペアショップGUITAR LABを経営してます。
☆2021/10月に移転しました。船橋市東船橋 1-17-29
営業時間:2021/10/1より13時~18時、月火定休。
予約制ですTel 047-422-8303 あるいはH.Pの予約フォームからお願いします。
http://www.guitar-lab.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR