私はいかにしてギター修理屋の親爺になったか その5

その4まで終わったのになかなかギターと出会わないですね。
ギターと出会う前に当然「音楽」との出会いがある訳でしてその辺を少し。

最初に住んだ家は花輪という船橋では割合上品な住宅街にありまして、閑静というか、まあのどかな所でした。
そこでは幼稚園に上がる前くらいまで住んでいたのかな。
ここでの「音」に関する記憶はほとんどないです。
次いで同じ船橋市内の大神宮下の祖父の家に引っ越した。
引っ越しの時にトラックの荷台に荷物と一緒に乗せてもらってどきどきしたのを憶えてます。
この家は当時の船橋で繁華だったエリアに割合近くて飲食店や映画館なんかも近くにありまして、自分が成長したというのもありますがここで初めて自分史の中で音の記憶のある時代に突入するわけです。
今は駅を中心にデパート/スーパーが沢山建って買い物客を引きつけているのでその辺が商業の中心部と言えますが、昭和30年代当時は今とは大分様子が違ってました。
船橋大神宮の交差点から西へ伸びる「本町通り」というのがあって、そこが昔の船橋のメインストリート、大きなお店が軒を連ねていますがその裏に平行して通る商店街、特に「いなばや」さんという総菜屋さん(昔風に言うと煮豆屋)がある辺りが庶民生活の中心地でして、いつも夕方になると買い物客でごった返していました。
「いなばや」の並びには八百屋/魚屋/肉屋/天ぷら屋/豆や卵を売る店/写真屋/うどん玉屋/豆腐屋/寿司屋/瀬戸物屋/模型屋/駄菓子屋があって、近くには蕎麦屋/パン屋/和菓子屋/花屋/床屋/文房具屋/目医者に風呂屋に刃物の研ぎ屋に燃料店、うーん、こう羅列すると色んな店があってすごいですね。
現代みたいにデパート/スーパー/ショッピングモールで用が足りてしまうというのは便利だけど何か寂しい事のような気がします。
街の活気は確実になくなってる訳でして、どっちがいいんでしょうね…
で、「いなばや」通りの東の入り口には映画館があって、そこで「ゴジラ」か「モスラ」を観ました(どちらだったかもう憶えてない…)
自分的には何か陰惨な感じのする怪獣映画より「わんわん忠臣蔵」とか「白蛇伝」みたいなアニメの方が好きだったな。(今調べたら「白蛇伝」は1958年の作品なので再放映を観たんでしょうね)
(途切れながらだらだらとつづく のでしょう)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR